地域支援・地域防災活動のNPO法人

わんだふるについて

  • HOME »
  • わんだふるについて

設立の目的

平成18年9月1日にオープンし、「自立した高齢者を中心とした地域支援・世代間交流」と、「防災知識向上に向けての啓もう活動」を通じて、地域の誰もが安心して、便利に楽しく住めるコミュニティの実現を目指しています。

matidukuri

地域包括ケアについて

PdfCutOut2

重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されるしくみを地域包括ケアシステムといいます。急激な高齢化を背景に、厚生労働省では2025年を目途に地域包括ケアシステムの構築を目指しています。

NPO法人わんだふるのある群馬県高崎市においても高齢化率は22.6%(2011年現在)と高く、今後は団塊の世代が65歳を迎えることから、高齢化率はより一層高まることが予想されます。

また時代・生活の変化から昔のような地域のつながりは薄れ、ひとり暮らしの高齢者や夫婦のみの高齢者世帯は地域から孤立しがちになりました。認知症や身体能力の低下した高齢者には、孤立すること=誰にも気づかれないことは非常に大きな危険を伴います。

NPO法人わんだふるでは、行政機関や福祉医療機関と連携を取りながら、「お互いがともに支えあえる」・「助けてと言える環境作り」を行い、誰もが最後まで自分らしくいられる町づくりを支援していきます。

代表理事

赤羽 潤子

会員(H27.7月更新)

個人会員 正会員 11名
賛助会員 60名
団体・企業会員 ・産科婦人科舘出張佐藤病院
・スパゲティ&ピザ ユー
・関口整形外科
・高崎アートクリニック
・田口商事
・有限会社太陽防災
・吉川医院
協賛団体 ・群馬県社会福祉協議会(赤い羽根共同募金)
・真如苑
・高崎市社会福祉協議会(赤い羽根共同募金)
・みずほ教育財団
・連合・愛のカンパ

※敬称略※五十音順

Copyright © NPO法人わんだふる All Rights Reserved.