地域支援・地域防災活動のNPO法人

地域防災活動

地域防災事業

災害から自分や大切な人のいのちを守るために
現在、地震・洪水・台風などの災害が全国のいたるところで発生しています。私たちの住むまちも絶対に災害が起きないという保障はありません。

災害時、生死の明暗を分けるのは「防災についての知識」「情報」です。災害を自分にも必ず起きる可能性があることとして認識し、災害が起こる前に、自分の住む地域に即した必要な知識を身に付けることが大切なのです。

わんだふるでは、地域の方々が住み慣れた土地で安心に過ごせるよう防災についての啓蒙活動に取り組んでいます。

防災マップ作り

防災マップとは、自然災害が発生した場合に、住民が自主的かつ迅速に避難するために必要な情報を、避難場所や避難路、危険地域に医療機関の場所などのように一枚の地図上に分かりやすくまとめたものを言います。

住民自ら歩いてマップを作ることで、自分の住んでいる地域の安全な場所・危険な場所を改めて確認することができます。

map

防災訓練

日本防災士会群馬県支部副支部長でもある、わんだふる代表理事が中心となり群馬県内の各市町村の防災訓練に参加しています。

ExcelCutOut

HUGゲーム・DIGゲーム

防災において災害時のことを具体的にイメージをしておくことは非常に大切です。

HUG・DIGは災害が起こった時、どういう行動をするべきかをゲーム感覚で楽しく学ぶ事が出来ます。

HUGは避難所運営訓練(Hinanzyo避難所Uunei運営Gameゲーム)の略で、英語の抱きしめるという意味です。避難者を優しく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名付けられました。
DIGは災害図上訓練(Disaster災害 Imagination想像Gameゲーム)の略で、自分の住む町の危険な場所の把握や災害時に取るべき行動の確認になります。

HUG

Copyright © NPO法人わんだふる All Rights Reserved.